夏にピッタリ!生姜を使ったレシピ

夏にピッタリ!生姜を使ったレシピ

生姜の基礎知識とおいしく食べるためのレシピポイント

ダイエットや健康効果に人気のある食材の脇役である生姜は、ビタミンCやビタミンB1、B2、などを含んでいます。またその栄養成分よりも、さわやかな香りや辛味が特徴的です。生姜に含まれている辛味成分のジンゲロンは、抗菌殺菌作用があり、食欲の増進やがんの予防にも良いと言われています。また香りの成分のひとつであるショウガオールにも強い抗酸化作用があり、血行促進や、高血圧の予防に働きかけるとされています。この生姜がもつ成分から、燃焼力を上げて、冷えを予防しダイエットにも効果があると多くのレシピに取り入れられるようになりました。

スーパーなどで見かける生姜の多くは国産で、全体の収穫量の4割を高知県で収穫されています。他には、熊本県や千葉県、宮崎県や鹿児島県など比較的温暖な気候の地域で栽培されています。生姜は病気や天候の影響を受けやすいため、これらの被害が少ないことで多くの収穫につながります。生姜には、新生姜や、あめ色のひね生姜が一般的です。新生姜の見た目は白っぽく、繊維が柔らかで、さわやかな辛味であることが特徴です。掘りたてのものや、夏ごろから先掘りしたものを言います。ひね生姜は、収穫後2か月以上保管してから出荷をする生姜のことを言います。繊維質で、生姜の色が濃いのが特徴で、味わいは辛味が強くなります。レシピによって生姜の種類を変えることで味わいに変化を付けることが出来ます。新鮮でおいしい生姜を選ぶときには、肉厚でみずみずしいものであること、あめ色で光沢のあるものを選ぶと新鮮な生姜を選ぶことが出来ます。ダイエットレシピなどに活用するときには、香りを残すように使用すると、香り成分のショウガオールなどを破壊せずにおいしく摂取することが出来ます。


Copyright(c) 2017 夏にピッタリ!生姜を使ったレシピ All Rights Reserved.