夏にピッタリ!生姜を使ったレシピ

夏にピッタリ!生姜を使ったレシピ

私の夏にあう生姜を使ったレシピ

私の得意な生姜を使った料理のレシピを紹介します。まず一つ目はサンラータン麺です。用意する具材は市販の生麺(私はちじれ麺が好きです)、豚のバラ肉、タケノコ、白菜と生姜、ネギ、にんにく、卵と鳥スープ(市販で可)です。お好みで玉葱、にんじん、しいたけ、貝柱等をいれてもおいしいと思います。豚肉に酒と塩コショウで下味をつけ軽く片栗粉をまぶしておきます。白菜は乱切りで他の具材は全て同じ大きさに細く切ります。サラダ油を熱しにんにくで香りをつけます。次に豚肉と白菜の芯を入れ炒めます。さらにタケノコ、生姜、ネギを加えてかるく炒めたあと鳥スープを加えます。煮えてきたらお湯と酢をくわえて味をみます。この時生姜と酢はきついぐらいが丁度いいです。最後に白菜の柔らかい部分をいれシャキシャキ感を残したままとき卵と片栗粉でとろみをつけゆでておいた麺にかけて完成です。ポイントは酢と生姜はぐらいきつめでもいいです。白菜の水気と麺にからむと丁度良くなります。冬に食べると体がぽかぽかしてきますが、私的には夏に汗をかきながら食べるのもおすすめです。

次の生姜のレシピはキュウリの漬物です。材料は太めのキュウリ、生姜、大葉、みょうが、アミの漬物、キムチの素です。まずキュウリの芯を細い筒状のものでくりぬきます。真中に穴があいたキュウリに塩を軽く振り置いておきます。生姜、大葉、みょうがは千切りにしてアミの漬物とキムチの素とまぜあわせます。まぜたものをきゅうりの穴に詰め込みます。しっかりと詰め込んだ方が、切った時きれいに仕上がります。詰め込んだら一日冷蔵庫で寝かせて完成です。あとは輪切りにして皿に盛り付けるとビールによく合うおつまみになります。夏の薬味の香りがキムチの辛味とまざり最高です。ポイントはキュウリの食感が大事なので寝かせすぎないことと、アミの漬物は忘れずにいれることです。隠し味的にアミの漬物の風味がくせになります。夏にぴったりの一品です。


Copyright(c) 2016 夏にピッタリ!生姜を使ったレシピ All Rights Reserved.