夏にピッタリ!生姜を使ったレシピ

夏にピッタリ!生姜を使ったレシピ

冷え知らずの生姜シロップのレシピを紹介します

冷えは万病の元です。女性の方が悩む冷え症の対策に生姜はとても便利な食材です。色々なレシピがある中、お手軽な生姜のシロップを紹介します。用意するものは生姜と砂糖だけです。ただし、使う砂糖を白砂糖から三温糖やてんさい糖や黒糖に変えることで全く違う味とこくになります。まずは自分の好みの砂糖を使って作ってみましょう。

調理方法は簡単です。生姜の皮をむきスライスします。新生姜でしたら皮をむかなくて大丈夫です。スライスした生姜を鍋に入れて砂糖をまぶします。全体に砂糖がなじんだら水少々を入れて中火で煮ます。生姜の水分が少ない時は水を多めにし、新生姜のように水分が多い時は少なめにします。煮ていると灰汁が出てくるので丁寧に取りましょう。20〜30分煮れば出来上がりです。シロップと生姜を分けて保存しましょう。仕上げにレモン汁を入れれば少し酸味があるシロップにはちみつを入れればこくがあるシロップになりますので、出来上がりの味を見て足してみるのもいいでしょう。シナモンを一緒に煮ればスパイシーな味に仕上がります。夏は炭酸と割って飲むのが一般的です。でも私は、体を温めるのか冷やしているのかわからないと笑われますが、かき氷にかけて食べるのが大好きです。冬場は紅茶に入れるのが一般的です。私のお勧めはホットワインに入れる飲み方です。この時はシナモンを入れて作ったシロップを使っています。スパイシーな暖かいサングリアのような味で、寝る前に飲めば電気毛布いらずでぐっすり眠る事が出来ます。生姜のシロップで冷え知らずの体を作りましょう。


Copyright(c) 2017 夏にピッタリ!生姜を使ったレシピ All Rights Reserved.